梅雨や初夏に多い怪我や傷につきまして。 |鳥取県鳥取市気高町の内科・呼吸器内科クリニック

梅雨や初夏に多い怪我や傷につきまして。
梅雨や初夏に多い怪我や傷につきまして。 2016:06:28:17:36:35

2016年06月28日

 

梅雨本番となり、草木の生長が早くなりました。
 
この時季に多いのが外傷や打撲です。
具体的には、草刈り中に鎌で手を切ったり、庭木の剪定中に脚立から落ちたり、つまずいて転倒したりするなどです。
 
転倒してできた擦り傷に、土や砂が付いていたら、水道水できれいに洗い流して下さい。
切り傷は、傷口をハンカチやタオルでしっかり押さえて、早く受診して下さい。
 
怪我の状態によって、消毒、軟膏塗布などの処置や、抗菌薬の処方をさせて頂きます。
 
怪我の程度によっては、外科や整形外科に紹介させて頂く場合があります。
 
(三)
    過去の記事

詳細診療時間

午前8:30~12:30,午後3:30~6:30

  日祝
午 前
午 後

Tel.0857-37-6123

  • ご相談・お問合せ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • ご意見箱